MENU
【Rakuten Miniレビュー】Rakuten MiniとiPadで生きていく。

【Rakuten Miniレビュー】Rakuten MiniとiPadで生きていく。

2020 6/02

iPhoneがないと生きていけないっ!と思っていたのですが、iPhoneを売っぱらってiPhoneなしで生きてみることにしました。

とは言っても、スマホがないと生きてはいけないと思うので、2020年4月から正式にスタートした楽天モバイルの「Rakuten Mini」とiPadで生きていこうと思います。

iPadは2020年のiPad Pro(11インチ)+Magic Keyboardを使っています。

目次

iPhoneに興味がなくなってしまった

iPhoneも年々改良されているけど、もうあんまり魅力を感じなくなってしまったというか、そこまでiPhoneへの執着がなくなったというか、加齢でしょうか。笑

最近のiPhoneはとても高価なので、購入後傷つけないように、落とさないようにiPhoneをお姫様のように扱い、新しいiPhone購入後、古い機種をメルカリでなるべく高く売らなきゃ。みたいなサイクルが、面倒くさい。

毎日使う相棒なのに、そんなに気を使わないといけないのにも疲れました。
みんなきっと知らないうちに、高価なスマホにストレス抱かされてるよ、きっと。

その点、rakuten miniは本体価格19,800円。1年位で壊れてしまっても、仕方ないな〜。子どものおもちゃにするかー。と割り切れる価格です。

2020年6月17日まで本体代1円のキャンペーン中!(なんてこった、待てばよかった)

Rakuten Miniとは

楽天モバイルから発売されているeSIM対応の世界最小サイズ(約3.6インチ)のスマートフォンです。iPhoneとサイズ比較の写真を撮っておけばよかったなー。Pixel4 XL(6.3インチ)との比較を載せておきます。

Google Pixel4 XL(左)・Rakuten Mini(右)

Android9搭載で、メモリは3GB。内蔵ストレージは32GBです。スペックの詳細は公式サイトをご覧ください。

スマホでは、電話・LINE・メールの確認ができて、SNS(TwitterやInstagram)をちらっと見れたらいいなーくらいに思っている人には十分!

スマホで写真も撮りたい(カメラはついていますが最近のiPhoneなどには到底及びません)、ゲームもしたい!と考えている方には合わない機種です。

ちなみに、同じものをRakuten MiniとPixel4で撮影し、比較したのがこちら。

Google Pixel4 XL
Rakuten Mini

カメラは、ついている。というだけでお世辞にも良いカメラ!とは言えません。

楽天モバイル/Rakuten Miniのここがいい!

ちょっとしたお出かけは、ほぼ日のちいさいひきだしポーチに家の鍵とスマホを入れて。
  • 軽いし小さい
    女子の手でも片手で画面のいたるところをタッチできます。寝っ転がりながら触っていても手が疲れることもないし、落下してきても痛くありません!どんなポケットにも入ります。
  • おサイフケータイ対応
    おサイフケータイやらなんとかペイのことはよく分かっていないのですが、試しに楽天ペイとやらをコンビニで使ってみました。お財布持ち歩かんでいいやん〜!めっちゃ楽。
  • 1年間無料
    Rakuten Miniだけでなく他の機種でも楽天モバイルは最初の1年間無料で使用することができます。(利用者数に制限あり。急げっ!1年間お試しで使用するのも良いですね。解約手数料もかかりません。)1年経過後は2,980円/月(固定)で使用できます。
  • データ容量使い放題
    楽天回線のエリア内なら、データ容量使い放題です。楽天回線エリア外はau回線を使って毎月5GBまで使用可能。普段から自宅のWi-Fi中心でそんなにデータ通信は使用しない人には十分!

楽天モバイル/Rakuten Miniの残念なところ

これ以上でも、これ以下でもないホーム画面
  • バッテリー容量が小さい
    iPhone11のバッテリー容量は3,110mAh。それに比べ、Rakuten Miniのバッテリー容量は、1,250mAh。半分以下です。あっという間に充電がなくなります。そんなに触っているわけではないと思いますが、1日もつか、もたないか微妙なラインです。お出かけする日は、モバイルバッテリー必須かな。
  • スペックには期待できない
    普通にサクサク使用できますが、文字の変換は少し遅いかなーと感じます。カメラなども含め、スペックには期待できません。
  • ホーム画面がアレンジできない
    ホーム画面はアプリの位置を移動できるだけで、ホーム画面に好きな画像を設定して、ウィジェットを表示して…みたいなことは一切できません。
  • 基地局が少ない
    データ通信し放題の楽天回線エリアはまだまだ少ないです。
  • 文字が入力しにくい
    本体が小さいので、文字の入力がしにくいと感じることもあります。あと、変換がiPhoneに比べて少しおバカな気がします。
  • すぐに行方不明になる
    本体が小さいので、すぐにどこに置いたっけ?と行方不明になります。

結構たくさん残念なところが出てきてしまいましたが(笑)、さいごに、それでもRakuten Miniにして良かったことについて書いておきたいと思います。

さいごに

Rakuten Miniに変えた理由は最初にも書きましたが、なんでも出来てしまうiPhoneスマホを持つことにいろんな意味で疲れたからです。

Rakuten Miniに変えて一番良かったことは、スマホの機能が制限されているので、スマホに縛られなくなったこと。

スマホを見ている時間はかなり減ったと思います。

iPadの出番が増え、スマホは子機のような使い方になりました。

スマホ重視の生活の方にはおすすめできませんが、iPadも持ち歩くのが苦じゃない方や、スマホいる?と思い始めた方におすすめです。

1年間無料で体験(本体代はかかります)してみて、合わないなーと思ったら解約するのも良いのではないでしょうか。

私も、もうしばらく使ってみて追記したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

目次
閉じる