【2歳】こどもちゃれんじ・ぽけっとを始めて良かった5つのこと

【2歳】こどもちゃれんじ・ぽけっとを始めて良かった5つのこと

2019 8/21

2歳で始める通信教育の教材の中では1番高い「こどもちゃれんじ」ですが、始めて良かったなー、と思うことが5つあります。

>>2歳で始められる教材の比較はこちら

「こどもちゃれんじ」は一度でも名前・住所が知られてしまうと、いつも大体同じストーリーの漫画が延々と送られてくるイメージがあったので、敬遠していましたが(笑)、入会してみて、2歳のを逃さなくて良かったと感じています。

それでは、私が感じた「こどもちゃれんじを始めて良かったこと」をご紹介させていただきます。

目次

はじめに:「こどもちゃれんじ・ぽけっと」の内容

はじめに、毎月送られてくる「こどもちゃれんじ・ぽけっと」の内容をご紹介させてください。

2019年8月号だとこんな感じです。(緑色の点線の内側の部分)

画像
2019年8月号の内容
  1. ぽけっとえほん
  2. おもちゃ:つみあげタワー
  3. DVD
  4. どこでもかんがえる あそびシリーズ:多い?少ない?くらべてみよう
  5. こどもちゃれんじ ぽけっと通信

毎月、だいたいこんな感じのセットです。おもちゃの質は、月によってバラツキがあります。大人からすると、しょぼーいと感じる月もありますが、子どもは嬉しそう。

「どこでもかんがえる あそびシリーズ」は4~9月号のみの付録です。
「こどもちゃれんじ ぽけっと通信」は保護者向けの情報誌です。

1年間のおもちゃの内容についてはこちらをご覧ください。

トイレトレーニング(通称トイトレ)に効果あり!

トイトレを始めて、「さぁ、トイレに行ってみよう!」と言っても、なかなかうまくできず、トイレ自体を嫌がられてしまうことも。

そんなときに届いたのが、おむつはずれ応援セット
(※「おむつはずれ応援セット」は4月号から8月号のみの付録です。写真の青色の点線の内側部分)

画像
おむつはずれ応援セット
  1. しまじろう みみりんと一緒にトイレ♪
  2. おむつはずれ応援えほん
  3. おむつはずれ応援ポスター&シール
  4. おむつはずれDVD

オムツはずれDVDを見せて、トイレを意識させたあと、

画像

今日しまじろうが家に来て、トイレに何か置いていったよ!

と言って、一緒にトイレに向かいます。

画像

あ!!!

と子どもの視界に飛び込む「しまじろう みみりんと一緒にトイレ♪

画像

何回も聞いているとついつい口ずさんでしまう歌が流れます。

シールを貼るのが大好きな時期なので、ポスターとシールにも大喜び。応援えほんも好きで、何度も読みました。

映像で見たり、子どもが好きなアイテムが揃うだけで、こんなにすんなりとトイレに行けるようになるのか!と驚きました。

今のところ、一番感動したのは、このおむつはずれ応援セットかもしれません。

「しまじろうさん」の言うことは絶対!

突然ですが、我が家では、しまじろうのことを「しまさん」と呼んでいます。笑

というのも、息子はしまじろうの言うことだとなぜか聞くのです。

外へ出て、車が通るところでは手をつないで歩こう。と言っても、嫌だ。と言われて困ることがあります。

ですが、DVDに入っていた「てとてをつなごうやくそくポリス!」を見てからは、

画像

しまさんが言ってたから、手つなぐ!

と言うように!!

画像

しまじろうさん、ありがとうございますー!!これからも、敬意を込めて「しまさん」と呼ばせてくださいね。

4月号から11月号の絵本やDVDでは、トイレや生活習慣について取り上げられています。着替えや歯磨きなど、2歳にぴったりな、ありがたいテーマが続々です!

毎月色々なテーマで子どもと話ができる!

幼児教育などの本を手に取ると、どこにでも書いてあるのが、絵本をたくさん読み聞かせましょう!ということです。

でも、絵本を選ぶのって結構難しいですよね?子どもを連れて行くと、毎回「のりもの大百科」みたいな本を買わされてしまいます。(家に何冊あるねん、のりものの本。)

「こどもちゃれんじ」を始めてから絵本を買う機会はぐんと減りました。

毎月送られてくる「ぽけっとえほん」を何度も読んでいます。

1冊1テーマではなく、5テーマくらい入っているので、読み応え十分!

画像
2019年8月号の「ぽけっとえほん」の中身
  • 夏の生き物
    見開きで5ページ分、しかけ絵本になっています。夏の動植物について話をすることができます。
  • 生活習慣:食事
    食べ残しを、りすになってちょこちょこ食べたり、かばになってパクパク食べたりというお話です。動物になりきるのが好きな2歳にぴったりです。
  • 考える力
    多い少ないや高い低いを考えるページです。見開きで4ページあります。シールも貼るのが楽しそう。
  • おはなし:りかちゃんのふうせん
    見開きで6ページのお話です。りかちゃんのなくなった風船を探してあげるストーリーです。
  • あそびの中のことば
    遊びの中でよく使うことばがたくさん出てきます。ひとつひとつ、何をしているかな?とクイズ遊びをしました。

ちなみに、最近買った絵本は「おにのサラリーマン」全文関西弁です。
関西人が不思議とすらすら読めちゃう絵本。

おもちゃから色々なことを学べる!

ほかの通信教材と比べて、「こどもちゃれんじ」にしかないものが、おもちゃの付録です。

正直、月によって内容にバラつきがあるので、今月、しょぼっ!みたいなときもあります。

それでも、子どもは毎月喜んでいるし、当たりの月(私が勝手に思う、当たりの月です。ぽけっとだと、7月号・8月号・10月号・12月号・2月号)だと、よく出来たおもちゃが届きます。

6月号から月号

画像
はなちゃんおせわセット

7月号

画像
ねじブロック

8月号

画像
つみあげタワー

例えば、6月号からついてくる「はなちゃんおせわセット」では、ボタンをとめたり外したりの練習をしたりおままごとのような遊びをすることができます。

7月号の「ねじブロック」では、ブロックをねじねじ回して、創造力を働かせ、車や飛行機を作ったりすることができます。

8月号の「つみあげタワー」は大人でも難しいような積み上げ方があり、集中力を養うことができます。

10月号からの「はてなくんシリーズ」も楽しみです。きっと12月号や2月号は子どもがハマるはず。

10月号から

画像
はてなくん

12月号

画像
なりきりおみせやさんセット

2月号

画像
おもてなしレストランセット

1年間のおもちゃの内容についてはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
【2019年】2・3歳「こどもちゃれんじぽけっと」はいつ始めるのが良いか?1年間の付録を解説!
【2019年】2・3歳「こどもちゃれんじぽけっと」はいつ始めるのが良いか?1年間の付録を解説!この記事は、2019年度こどもちゃれんじぽけっと対象者(2016年4月2日~2017年4月1日生まれのお子さん)向けに書いています。「こどもちゃれんじ」って、何月に始めるのが一...

「ながしかく」「ましかく」が可愛い。

2歳で必要な知識なのか?と思ってしまいますが、ティッシュの箱やリモコンなどを手に、息子はかわいく「ながしかく♡」と言うことができます。

(何を喋っていても可愛い2歳児ですが、「ながしかく」「ましかく」が特にすごく可愛く聞こえます。そう思うのは私だけかな?)

ながしかく、ましかく、さんかく、まる、といった形が分かるようになったのは、完全に「こどもちゃれんじ」のおかげです。

画像

2019年7月号のDVDやどこでもかんがえるあそびシリーズの図形で遊んでいるうちに、形探しができるようになっていました。

2歳で必要な知識なのかは疑問ですが、早くから知っているのは良いことです。たぶん。

さいごに:意外と安く感じる

最初に、「こどもちゃれんじ」は2歳で始められる通信教育の中で一番高いと書きました。

年払いだと、月々1,944円(税込)です。

ですが、今となっては絵本やおもちゃを買うことを考えれば安く感じます。

絵本を1冊買っても、ここまで色々なことを得ることができるかわかりません。

年間を通して組まれたプログラムだからこそ、得られることが多いのです。

親子で「しまじろう」ファンになるのが、一番「こどもちゃれんじ」の成果につながるのではないでしょうか。

それでは、この辺で!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こどもちゃれんじ/ぽけっと
目次